緊急!!▲5%ルール点灯の可能性『S&P500』『NASDAQ100』



【投資塾】知らないより知っていた方が役立つ話の動画概要

後半の6分間、内容に纏まりがなく、とても分かりにくいので概要欄で再度お伝えさせて頂きます。

1970年代の相場を参考にし、「CPIのピーク=株価の大底」と仮定するならば、CPIのピークが分かれば株価の大底も分かる。
「○月のCPIがピークだ」と判断するためには3ヵ月を要する。(私の考え)
3月のCPIがピークだった場合、断定できるのは7月(6月分)のCPI発表日。
3月のCPIがピークだった場合、相場の大底は5月か6月になる。

来月以降(6月以降)重要になるのは、CPIコア指数の前月比である。
2022年
4月:+0.6%
3月:+0.3%
2月:+0.5%
1月:+0.6%
2021年
12月:+0.6%
11月:+0.5%
10月:+0.6%
CPIコア指数の前月比が0.3%台をキープできれば、インフレは落ち着いてきたと判断できる。
(動画内では0.3%以下と書きましたが、0.4%未満に訂正します。)
※2000年以降の平均は+0.2%程度

今年より来年の方が株価は高いと考えている。
5月より10月11月12月の方が株価は高いと考えている。
従って、年初来安値は56789月のいずれかの月になる。
アノマリー的には5月または9月が大底になるかもしれない。

一丸となってこの困難を乗り越えましょう。

▲5%ルール投資法シリーズはこちらからご覧下さい。
「前編」https://youtu.be/cnI7dcJxK8c
「後編」https://youtu.be/WRa9B2nCofA
「番外編前編」https://youtu.be/ODXHp6KitCU
「番外編後編」https://youtu.be/EDv0L6wb75A
『NASDAQ100前編』https://youtu.be/RkoF3P1q4NE
『NASDAQ100後編』https://youtu.be/fgoKkOMOVnc

【動画の目次】
0:00 挨拶
0:17 S&P500 (SPX)
1:45 NASDAQ100 (NDX)
4:51 VIX指数
5:27 Fear & Greed Index
6:13 CPI (1971-1976)
8:11 CPIとS&P500の関係

【免責事項】
視聴者の皆様が当チャンネルの情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありませんのでご了承下さい。

#SP500#NASDAQ100#米国株#日本株#投資信託#ETF#資産運用#NISA#iDeCo#レバナス

コメント