米国金利の変動と株式市場の波乱、金利変動とS&P500の値動きを簡潔に解説 #shorts #株式投資 #金利 #投資戦略 #SP500 #金融危機 #インフレ #利上げ #利下げ #米国金利 #暴落



高田資産コンサルの動画概要

過去の米国の金利の上下動がS&P500の株価に与えた影響について解説します。

概要

2000年、フェデラルファンド金利は6.5%から始まりましたが、ドットコムバブル崩壊により2001年には1.75%にまで引き下げられました。
この期間に合計11回の利下げが行われましたが、利下げ開始後もS&P500は下落し続けました。
2007年には5.25%だった金利は、2008年の金融危機の影響でゼロ金利に引き下げられました。この期間に7回の利下げが実施されました。
この期間中、S&P500は急激に下落しました。
2020年3月には、パンデミックによる経済停滞に対応するため、金利は再びゼロ金利に引き下げられました。3月の利下げ直後、S&P500は急落しましたが、株価はV字反発が開始しました。
2022年からはインフレ対策のために複数回の利上げが行われ、2024年には5.33%に達しました。その後の米国株式市場は利下げ期待で史上最高値を更新しております。
金利変動に対する理解を深め、適切な投資戦略を立てましょう。

@高田資産コンサル では、投資に関する最新情報や分析を提供しています。チャンネル登録して最新の動画を見逃さないように!

#米国金利 #金利動向 #株価影響 #経済分析 #投資戦略 #S&P500 #市場動向 #フェデラルファンド金利 #金融政策 #高田資産コンサル

コメント